毎日のお弁当に欠かせない卵の存在

学生以来の日課となっている毎日のお弁当作り、早朝からは頭が働かないので必ずと言ってよいほど前の日からあらかた準備をしている。もちろんだからといって朝の支度がスムーズなわけでは無い。しかしながら毎日お弁当を考えるというのは本当に根気がいる。なぜなら毎回同じメニューを入れるわけにもいかず、かといって色合いも考慮しなければいけない。ボリュームのあるおかずはだいたいお肉、からあげやフライもの、ハンバーグに餃子など冷凍食品が手助けしてくれる。頼もしい時代だなと感心するし開発者には頭が下がる。食べる人の事を考えたエキスパートだといってもよいだろう。この冷凍食品と共にお弁当を盛り上げてくれる食材、それはたまご。卵の色って本当にすごい。当たり前だが見た目は黄色、どんな模様にもどんな形にもなって想像以上の仕上がりを目で見て楽しませてくれるところ。小さい殻の中に大きな要素をたくさん詰め込んで私たちを励まし、支えてくれるお弁当の人気者。この卵が今日も形を変えお弁当に登場。お弁当回数は断トツの1位、ありがたいなと冷蔵庫にはすでに順番待ちに並んでいる卵の姿。個数を確認しストックしておかなければと常に感じる。たいだいは卵焼きとして入ることが多いがゆで卵にして味を付けたり、目玉焼きやスクランブルなど彩を豊かにしてお弁当に工夫をもりこんでくれる。お弁当だけではない普段の料理にも欠かせないが、このたまごの存在があるからこそ豊かな美味しいお弁当に仕上がるという事に感謝している。