それって肝斑?妊娠中にできやすい肝斑の原因と治す方法について

妊娠がきっかけで肝斑になるって本当?

肝斑 妊娠,妊娠 肝斑 治す,妊娠 肝斑 治療

年齢を重ねるごとに、顔のシミやそばかすが気になりますよね。
しかしシミだと思っていたものはただのシミではなく、肝斑(かんぱん)かもしれません。
肝斑は妊娠をきっかけにできることがあります。
妊娠中もきちんと予防、対策をすることが大切です。


肝斑ってどんなもの?普通のシミとは何が違うの?

肝斑はシミの一種で、30代から40代の女性に発症することが多く、日本人の肌には出やすいものだと言われています。

 

一般的なシミ(老人性色素斑)が茶褐色で周囲の肌との境界線がはっきりとしているのに対し、肝斑はぼんやりとした淡褐色で周囲の肌との境界線もあいまいなことが特徴です。
また、主に顔の頬や顎などを中心として左右対称に広がっていきます。
肝斑の色はぼんやりとしたものなので、広範囲にできてしまった場合、顔色が悪く不健康な印象にもなってしまいますね。

 

シミの原因はそのほとんどが紫外線によるものですが、肝斑ができる原因は紫外線と女性ホルモンの乱れの二つが相互作用すること。
妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが大幅に増え、ホルモンバランスが変化することはご存知ですよね。
プホルモンバランスが乱れると、お肌は紫外線に過剰反応するようになりメラニン色素が多くなります。
妊娠中や出産後に肝斑ができてしまうのは、このメラニン色素の増加があらわれた結果といえますね。

肝斑ができてしまったらどうやって治す?知っておきたいトラネキサム酸の効果

女性ホルモンの影響を大きく受ける肝斑。
紫外線が原因であるシミとは違い、レーザー治療をすることで悪化してしまうこともあります。
そんな肝斑は内服薬によって治療されることが多く、一番有名なものはトラネキサム酸というものです。

 

トラネキサム酸は皮膚科で処方してもらえる薬に含まれる成分で、肝斑の治療に効果があるとされています。
妊娠中であれば産婦人科でも相談することができます。
アレルギー治療や口内炎の薬として使われることもあります。

 

このトラネキサム酸は女性ホルモンに直接作用するものではなく、肝斑の原因となるメラニンを発生させにくくすることで色素沈着を抑制する効果があります。
レーザー治療で治りにくい肝斑ですが、トラネキサム酸を服用することで次第に肝斑を薄くすることができると言われています。

 

ただし、妊娠中に薬を服用する際はお医者さんに相談してからにしましょう。比較的安全とされているものでも、自己判断をすることは危険です。

妊娠中の肝斑を予防したい。自分でできるセルフケア

できてしまった肝斑を治療するのは時間もお金もかかります。
妊娠中はどうしてもできやすくなってしまう肝斑ですが、まずは肝斑ができないように予防することが重要です。

 

紫外線対策をする

肝斑は紫外線が主な原因ではないとはいえ、無関係というわけではありません。
肝斑ができやすい頬などは紫外線にも当たりやすく、紫外線によって肝斑が悪化するとも言われています。
さらに妊娠中は女性ホルモンの乱れによって肌が紫外線の影響を受けやすくなっているので、外出する際は日焼け止めクリームや日傘を使用し、メラニンの生成自体を抑えるようにしましょう。

 

ビタミンCの摂取

ビタミンCにはメラニンを抑制する働きと、すでにできてしまったシミなどを還元し薄くさせる働きがあります。
また、抗酸化作用を持ち合わせているので、肝斑の予防にも効果が期待できます。
妊娠中は食生活にも気を付ける方が多いと思います。ビタミンCを摂取するために野菜や果物を意識的に摂るようにすると良いでしょう。

女性ホルモンが大きく変化する妊娠中は肝斑ができやすい

シミの一種とはいえ、一般的なシミとは見た目も原因も異なる肝斑。
妊娠中は肝斑の主な原因である女性ホルモンが変化するので肝斑ができやすい状態となっています。
しかし、トラネキサム酸が肝斑に対して有用な成分であるということや、メラニンの生成を抑制するためのケアを知っておくことで未然に肝斑を防ぐことも可能です。
女性にとって肌トラブルはどうしても気になるものですが、妊娠中はできるだけストレスを溜めないようにしてくださいね。